ピューレパールがわきがにも効果があるって本当?

脇の黒ずみによく効くピューレパールですが、わきがの人がピューレパールを使ってみたところ、脇の黒ずみだけでなくわきがの方まで改善したという話を聞きます。

 

実際の口コミでも「においも気にならなくなりました!」というものがいくつかありますのでどうやら本当のようですね。

 

なぜ黒ずみに効くはずのピューレパールがわきがの臭いにも効果を発揮するのか?その秘密は含まれている3つの成分にありました。

 

 

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kはニキビケア商品に多く含まれる成分で、非常に優れた抗炎症、抗アレルギー、解毒作用などがあります。育毛剤や皮膚炎の治療にも使われることがあり、副作用は心配はほとんどありません。ピューレパールはこのグリチルリチン酸2Kを含んでいることで、ニオイの原因菌を抑えることができるんですね。

 

ビサボロール

ビサボロールは、ジャーマンカモミールの花から抽出した精油に含まれる有効成分です。フルーティーな香りが特徴的な成分ではありますが、グリチルリチン酸2Kと同様に抗炎症作用、抗アレルギー作用などがあります。これによりニオイの元を断ってくれます。またこのビサボロールには保湿や美白、しわの改善作用などもあり、脇をキレイにしてくれるのにも一役買ってくれています。

 

天然ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用があることで知られ、加齢臭の原因となる脂肪酸の酸化を防ぎ、老化も防止してくれます。別名「若返りのビタミン」とも呼ばれますね。肌を若々しく保ち、臭いが発生しにくい状態をキープしてくれます。

 

 

 

ピューレパールは以上のような3成分を配合していますので、黒ずみだけではなく、臭いの原因にもしっかりアプローチをしてくれます。わきがのにおいや汗をおさえようと制汗剤を使う人も多いですが、実はそれが脇の黒ずみの原因になってしまうことも多いです。特に日頃から汗やにおいが気になって制汗剤を必要以上に多用してしまう人は注意が必要ですね。

 

そんな人でもピューレパールがしっかりそれらの代用をしてくれますので、もう安心です。どうしても気になる人は、ピューレパールを塗ったあとに、少しだけ制汗剤を使えばOK。これで汗も臭いも、そして黒ずみも対策OKです!

 

 

→ピューレパールの口コや効果を見てみる!