ピューレパールをアットベリーと比較してみた

 

脇の黒ずみ対策のクリームとして、ピューレパールとアットベリーは、大変人気が高いものです。どちらも皮膚の黒ずみ予防になりますし、悩みの黒ずみを改善する作用をもたらしてくれます。違いといっても有効成分としては、比較をしてみてもほとんど変わりません。

 

どちらも美白効果あり!

どちらも素肌を保湿しながら、皮膚の美白をする効果があるので、黒ずみ改善には効果を発揮してくれます。2つともオールインワンタイプですので、スキンケアでの使用感も快適なものです。商品を公式サイトから購入するにしても、60日間という保証があるのも、両方に共通をするところであり、消費者にはうれしい部分です。

 

配合成分の違いは?

では大きな違いは何かといえば、それは主な配合成分と、あとは容器の中の内容量といったところでしょう。含有成分を良く比べてみると、ピューレパールの方にだけは、米ぬかエキスを配合しているのがわかります。米ぬかエキスが加わることで、皮膚の美白効果はもっとレベルアップすることになります。

 

肌が潤う成分と雑菌の繁殖を防ぐ成分

両方のアイテムにセラミドの成分が入っているので、お肌をしっとりと潤う力もばっちりです。薬用アットベリーの商品には、桑エキスが入っています。これはアットベリーにしか入っていない成分であり、皮膚の雑菌が繁殖してしまうのを、桑エキスが防いでくれるので、嫌なにおいを改善していくために役に立ちます。同様に雑菌が繁殖してしまうのを防ぐ成分が、ピューレパールの方にも入っていて、それがハーブの一種であるカモミールエキスです。

 

ニオイは気にならないか?

それから毎日使用をするものなので、気になる人はすごく気になってしまうのは、商品のにおいでしょう。香りというのは女性の心理を動かすほどの効果がありますので、本人が良いと思える香なら問題はありません。香料を使用しているのは、アットベリーの商品の方です。そして香りを使用していないのは、ピューレパールの商品になります。香りは毎日のお手入れにも響きますので、これは本人の好みになります。

 

 

→ピューレパールの詳細について